新築 費用

注文住宅の新築でクレームがつきものです。

 

 

注文住宅の新築となると、こだわるところも多く、業者が忘れていたり、材料費を節約する為に、

 

 

安上がりな材料で仕上げるなどいろいろなクレームが出てきます。

 

 

業者さんもクレームには慣れているので、ちょっとぐらいクレームをつけたぐらいでは、

 

 

値引き等はしてくれません。というか、クレームがあった時の為に、多少、金額が高く設定されているのも、

 

 

住宅メーカーや工務店の実情です。

 

 

中でもクレームが最も多いのが、タマホームはクレームはやはり多いみたいです。。タマホームは比較的安いハウスメーカーなので、クレームが多くなってしまうと考えられます。

 

 

注文住宅にする場合はハウスメーカーよりも工務店を選ばれる事をおすすめします。

 

 

無駄な広告費がかかっていない為、お得に家を建てる事ができますよ。

続きを読む≫ 2014/06/17 17:17:17

新築の購入にあたりどれぐらいの費用が発生するのでしょうか。

 

 

 

住宅メーカーでは坪単価の安さをアピールし、いかにも安く建てられるかのように宣伝しているところもありますが、

 

 

 

実際に家を建てた場合にどれくらいの費用がかかるのかということをイメージするのは難しいと思います。

 

 

 

そこで新築の費用の内訳やどれぐらいを目安しておけばいいのかを紹介していきます。

 

 

 

まず新築の購入にあたり必要な費用は、建物を建てる際に必要な価格、建物以外に必要となる費用、状況によって追加される費用の3つに分けることができます。

 

 

 

@建物を建てる際に必要な価格として、地盤調査費、測量費、設計費、建物の本体価格が必要になってきます。

 

 

 

これらの費用はどれぐらいが目安になっているのでしょうか。

 

 

 

・地盤調査費と測量費⇒合わせて10万円程度。

 

 

・設計費⇒建築費用の8〜10%程度。

 

 

・建物の本体価格⇒建築会社によって仕様や構造などに違いがあり坪単価は異なります。

 

 

A建物以外に必要となる費用として、建築確認申請費用、登記費用、火災保険料、引っ越し代、外構・造園工事費用、インテリアなどの費用が必要になってきます。

 

 

火災保険は補償内容によって価格はピンキリですが、地震、水害、台風、その他様々なオプションを付けると高くなりますが、必要のない項目を外せば価格を節約することができます。

 

 

B状況によって追加される費用として、地盤改良費、屋外の給排水費があります。

 

 

 

地盤改良費の価格はピンキリで、その土地の状況によって大きく変動します。

 

 

 

費用がかからない場合もあれば100万円近い金額が発生することもあります。

 

 

 

そして土地がなければ土地代も必要になってきます。

 

 

 

土地代もピンキリでその土地の場所や広さ、土地の形状によって価格は大きく変動しますし、不動産業者から購入した場合は仲介手数料というものが発生します。

 

 

 

また土地の条件によって付帯費用が発生する場合もあります。

 

 

 

新築の購入にあたり必要な費用の内訳をチェックすると細かく分かれていて、よく分からないと思いますが、費用の内訳をチェックしていくことで必要な諸費用を節約することもできますので、事前に必要な費用について細かく調べておく必要があります。

続きを読む≫ 2014/06/03 22:33:03

新築一戸建ての購入にあたり諸費用はどれぐらいを目安にしておくといいのでしょうか。
一般的に諸費用は住宅購入費の約5%が目安だと言われています。

 

 

建物の本体価格、土地代以外に必要な費用についてみていきましょう。

 

 

まず契約を行うと申し込みの際に手付金というものが発生し、手付金の額は様々ですが、一般的に10万円〜100万円が目安になっているようです。

 

 

そして登記費用、地盤調査費、ローン保証料、事務手数料、固定資産税等の精算金、水道局納金、火災保険などの費用が発生します。

 

 

火災保険は補償内容によって価格はピンキリですが、地震、水害、台風、その他様々なオプションを付けると高くなりますが、必要のない項目を外せば価格を節約することができます。

 

 

そして一括で支払いをするのか、年払いするのかによっても金額が異なります。

 

 

さらに地盤調査の結果により、地盤の改良が必要になった場合は地盤改良費が発生します。

 

 

地盤改良費は土地の状況次第で、地盤改良費が必要ない場合もありますが100万円以上の改良費が必要になることもあります。

 

 

そして入居後に必要な費用として、アンテナ、カーテン、エアコン、照明、引っ越し代が必要になります。

 

 

カーテンや照明などを全て付けてもらうことも可能ですが、基本的に金額は高くなってしまうので、入居後に揃えて節約される方も多いですね。

 

 

引っ越し代としては10万円以内になるケースが多いようですが、引っ越しを行う時期によっては引っ越し代が高くついてしまうこともあります。

 

 

また入居して不動産登記した後に不動産取得税が発生しますが、これは半年〜1年半後に必要な費用となります。

 

 

最後に家を購入した後ずっと支払う費用として、住宅ローンの返済費、固定資産税・都市計画税、メンテナンス代などが必要になります。

続きを読む≫ 2014/06/03 22:31:03

新築の購入にあたり、建物の本体価格や土地代以外に必要な費用があります。

 

 

新築の購入時にかかる諸費用として地盤調査費、 地盤改良が必要であれば地盤改良費、設計費用、建築費用、水道負担金、登記費用、火災保険などの費用が別途必要になります。

 

 

一般的に建物本体価格以外に必要なこれらの諸費用は、住宅の購入費の約5%程度かかると言われています。

 

 

しかし住宅ローンや火災保険などを細かく見直すと、節約できるポイントがいくつかありますので紹介します。

 

 

・ローン保証料は借入金額と返済期間によって設定されますので、頭金を増やし借入金額を少なくすると、保証料を節約することができます。

 

 

・火災保険は家の価格、保険会社、保証内容によって価格はピンキリですが節約することもできます。

 

 

これまでは全ての補償がパッケージになっていましたが、最近は自分で必要な項目を選べるようになっていますので、必要のない項目を外せば安くなります。

 

 

例えば、土地が周辺より高いところに位置していたら、家が水没するというリスクは低いのでそのような項目を外すことが出来ます。

 

 

立地条件、建物の構造によって必要な補償内容は異なりますので、どんな補償を付けるべきなのかしっかりと見極めておくと節約になりますよ。

 

 

・登記費用は自分で行えばかなり節約できます。

 

 

そしてローンの額にもよりますが、ローンが少なければ登録免許税も安くなる可能性もありますし、長期優良住宅なら登録免許税割引もあります。

 

 

 

また必要な諸費用として、引っ越し代、家具、電化製品、カーテンなどの費用も必要になります。

 

 

引っ越し業者に依頼しない場合は引っ越し代を節約することができますし、引っ越し業者に依頼する場合は価格が安い時期を狙うといいです。

 

 

一般的に春は引っ越し代が高いと言われています^^;

 

 

家具や電化製品もそれほど揃える必要がない場合は費用を節約することができますし、

 

 

カーテン代は住宅メーカーなどで揃えると高く付きますので、多少手間はかかりますがサイズを測り自分で揃えるとかなり節約することができます。

続きを読む≫ 2014/06/03 22:29:03

よく住宅メーカーでは「頭金なしで購入可能です」と頭金がなくても購入できることを宣伝していますが、本当に頭金がなしでも購入することはできるのでしょうか。

 

 

 

頭金が必要かはその人の収入次第なところもあり、頭金なしでも貯金や安定した収入があったり、

 

 

 

建築予算によっても変わってきますので、一概に何割必要とは言い切れませんが、一般的には頭金として2割から3割程度必要だと言われています。

 

 

 

“頭金0円でも家を建てることは可能”かもしれませんが、たとえ頭金なしで購入できてもその後維持、管理していくことが困難になり手放してしまうといったリスクはあります。

 

 

 

新築の購入にあたり、土地代や建物の本体価格以外に必要な費用があり、

 

 

 

3000万円程度の物件でもその本体価格以外に何かと諸費用が掛かり、その費用を考慮しておく必要があるのです。

 

 

 

購入時にかかる諸費用として地盤調査費、 地盤改良が必要であれば地盤改良費、設計費用、建築費用、水道負担金、登記費用、火災保険などの費用が別途必要になります。

 

 

 

住宅ローンを組まれる際に金融機関により頭金が必要な場合もあり、それぞれの審査結果によって異なりますが、1〜2割程度の頭金を求められることもあります。

 

 

 

そして引っ越し業者に依頼する場合は、引っ越し代が必要になってきますし、家具や電化製品、カーテンなどの購入費用なども必要になります。

 

 

 

カーテンは既製品のものを選ぶと安く抑えることができますが、窓の大きさに合うカーテンがない場合はオーダーしなければならなく、オーダーカーテンは予想以上に高くつくことが多いです。

 

 

 

さらに地盤改良費は地盤の状況によって大きく変動します。

 

 

 

地盤改良費が一切必要ない場合もあれば、地盤改良費で100万円を超えることもあり、思わぬ出費になることもあります。

 

 

 

土地代や建物本体価格以外に必要な費用として300万円〜500万円をみておくといいでしょう。

 

 

 

住宅ローンを選ぶ時に、審査が通るのか、金利は安いのかということを重要視して選ばれる方が多いですが、返済しやすいのかということも重要なポイントです。

 

 

 

一般的に無理なく返済できる額は年収の5倍だと言われていますので、これぐらいを目安にローンを組まれると返済しやすいのではないかと思います。

続きを読む≫ 2014/06/03 22:27:03

新築の建築、購入にあたり一番気がかりなことは、どれぐらいの費用がかかるのかということではないかと思います。

 

 

資金計画、税金、ローンなどを事前に確認しながら計画を進めていかないと、予算オーバーになってしまいます。

 

 

新築の購入にあたりどんな費用があるのかみていきましょう。

 

 

まず建物の本体価格ですが、これはどこで建築するのかによっても価格が大きく異なります。

 

 

ローコスト住宅や工務店を選ぶと比較的安く抑えることもできますが、大手住宅メーカーを選ばれる場合は価格は高い傾向にあります。

 

 

ローコスト住宅や工務店なら1000万円台後半〜2000万円前後が相場ではないかと思いますが、

 

 

大手住宅メーカーの場合は、2000万円台後半〜4000万円前後が相場ではないかと思います。

 

 

そして住宅メーカーでは坪単価○○万円!と格安で建てられることを宣伝していますが、この金額には落とし穴があることが多いので注意が必要になります。

 

 

坪単価の計算方法は会社によって様々で、宣伝されている坪単価は最低限の仕様であることが多いのです。

 

 

間取りの変更、設備のグレードアップ、照明、カーテンなどの追加料金が高くついてしまい、坪単価は安いのに総額でみると高くなってしまうのです。

 

 

また住まいづくりにかかる費用は、土地、建物本体価格以外にもさまざまな費用があります。

 

 

新築にかかる費用として、地盤調査費、 地盤改良が必要であれば地盤改良費、設計費用、建築費用、水道負担金、登記費用、火災保険、ローン保証料、入居時の引っ越しなどの費用が別途必要になります。

 

 

予算を立て、全て含めた総額がいくら必要なのか、いくら準備しなければならないのかなども事前に調べておく必要があります。

 

 

タマホーム 価格では、ハウスメーカーの中でも比較的坪単価が安い、タマホームの価格が

 

 

紹介されています。

続きを読む≫ 2014/06/03 22:26:03